その名の通り長命草の青汁を飲めば元気に長生きできる

シニア男性

昔から使われる万能植物

野菜と青汁

たくさんの効果で健康的に

市販されている青汁には原料に大麦若葉やケールなどといったものが使われています。その他にも様々な植物が利用されていますが、長命草という植物が使用されることもあります。長命草は沖縄や九州などの温暖な地域の海岸沿いに多く自生しています。沖縄ではサクナとも呼ばれ、セリ科の植物の一種です。昔から神経痛が長引く咳の薬として利用されています。私たちは一般的に長命草を取り入れる手段としては青汁が一般的です。健康のために有効な成分が豊富に含まれており、様々な働きをしてくれます。対照的な働きの一つに抗酸化作用があります。体の細胞は日常生活の様々なストレスや紫外線などにより活性酸素が発生してその影響を受けています。活性酸素は病気を引き起こしたり細胞を老化させるという働きがあるのですが、長命草の青汁に含まれるビタミン類やルチン、カテキンやビスナジンなどといった成分が活性酸素を効果的に排除します。美容面ではアンチエイジングの効果として、健康面では動脈硬化の対策として有効に利用できます。食物繊維が多く含まれているので、便秘に悩んでいる人に大変効果があります。長命草の青汁を継続して飲むことで、腸内環境が整い自然な排便を目指すことができます。またプテリキシンやビスナジンは脂肪を燃焼させ、便秘解消と共にダイエットへの強い味方となります。長命草の青汁は健康食品として取り扱われています。そのために大きな副作用はありません。商品ごとに1日の必要摂取量の目安が定められています。その量をしっかり守ることで安全に服用することができ、健康や美容への効果をより良く実感することが可能です。