その名の通り長命草の青汁を飲めば元気に長生きできる

シニア男性

効果的な飲み方をする

飲料

美容や健康に良い時間帯

長命草にはビタミンcやビタミンeなどのビタミン類やミネラル類、ポリフェノールやカロテンなどの栄養素が豊富に含まれています。中でもルチンやクロロゲン酸の二つのポリフェノールには抗酸化作用があり、体が酸化し、老化するのを防ぐことが期待出来ます。偏りがちな食生活などで、普段から栄養が足りていないと感じるなら、朝に長命草の青汁を飲むのが最適です。朝起きたばかりの時間帯は体が栄養を吸収しやすい状態で、食事などで取り入れた栄養を効率的に体に吸収させやすい時でもあります。栄養素を体にしっかり取り入れたいと考えるなら、朝起きてから長命草の青汁を飲んだり、また便通を良くしたい場合にも朝が良いでしょう。長命草に含まれるクロロゲン酸には脂肪を分解したり、燃焼しやすくする作用があるので、ダイエットにも良いと言われています。ダイエットを目的として長命草の青汁を飲むなら、飲むのに最適な時間帯としてあげられるのが食事の前の空腹時です。空腹時は最初に食べたものが一番体に吸収されやすいほか、青汁の食物繊維が満腹感をもたらし、食べる量を制限しやすくなります。青汁は基本的にいつ飲んでも良いと言われているので、目的に合わせた時間帯や毎日続けやすい時間帯で飲むのがベストです。飲むときは水で割るのが一般的ですが、豆乳と割って飲むことで効果的に栄養素を取り入れることが期待出来ます。栄養素がぶつかり合うこともありませんし、味が苦手な方も豆乳と割ることでクセが消えて飲みやすくなると言われています。