その名の通り長命草の青汁を飲めば元気に長生きできる

シニア男性

排尿障害改善の期待も

婦人

歴史ある伝承食材

青汁の原材料は大麦若葉や明日葉、そして長命草などが代表的です。大麦若葉は生命力の強い大麦の葉の若い部分を利用したもので、バランスの良い栄養素が様々な病気の予防や改善を期待出来るとされています。中でも糖尿病や動脈硬化などを予防する酵素が含まれていることから、生活習慣病を予防するとして期待されています。明日葉も生命力が強く栄養価が高く、生活習慣病の予防や改善が期待出来る他に独自のポリフェノールにダイエット効果も期待出来るとされています。そして長命草も同じく生命力が強く栄養価が高い素材です。国内では沖縄県においての生息が有名で、海辺で自生することが知られています。セリ科のカワラボウフウに属し、沖縄県ではサクナとも呼ばれています。長命草の名称の由来は1株食べると1日長生きするとの伝承にあるとされ、古くから食用や薬用などに珍重されて来ました。現代ではその伝承による科学的検証が進み、新たな効能などが発見されています。その一つにイソサミジンという成分による排尿機能への作用があり、排尿に関わる筋肉を弛緩することで利尿を促し残尿感や頻尿などを和らげるとされています。イソサミジンという成分は排尿障害関連のサプリメントにも利用されていて、青汁では原材料が長命草のみ持つ成分です。長命草の青汁にはミネラルやカリウムなど排尿に関わる成分も豊富なことから、より排尿障害に効果的と期待出来ます。更には抗酸化作用の高い成分も含まれていることから、発癌の抑制にも効果が期待出来るとされています。こうしたことから長命草の青汁は、青汁の中でも特異な成分とその効能を期待出来ることから一目置かれる存在でもあります。